2017年5月20日土曜日

インタビュー記事と紙装本の修復報告



『帝国データバンク史料館だより Muse』Vol.29
岡本氏のインタビュー記事が掲載されています。
帝国データバンクのWEBマガジンページよりご覧いただけます。



ALPINI, MEDICINA AEGYPTIORUM 

近藤氏が担当した本の修復記録をHPに掲載いたしました。
18世紀のペーストペーパー表紙の仮綴じ本現状の製本形態、部品もできるだけ残して修復、補強して保存ケースを制作。
掲載をご快諾くださいましたご依頼主に感謝申し上げます。



2017年3月6日月曜日

『お噺の卵』 の修復


武井武雄著『お噺の卵』の背表紙復元をご依頼されました。
ご依頼主のご意向が「本文・表紙等は現状のまま手を加えず、あくまで綴じ直しと背の再生のみ」ということなので、綴じを解体し綴じ直しをして、新規の背を作り表紙張りすることを主作業としています。
失われていた背タイトルは活字ではなくデザインされたものだったので、依頼主が図書館でコピーされた完本の背タイトルを元に新たに金型を作製、箔押しを外注しています。金型作製のための原稿制作を藤井が担当しています。
(修復 : 安藤喜久代)

記録の公開をご許可いただいたご依頼主に感謝いたします。
最近の修復記録は本の修復工房ウェブサイトに掲載していますのでどうぞご覧ください。